よくある質問

気にはなるんですが、なかなか病院に行く機会が取れなくて・・・

そうですね、日常生活の中で時間が取れない人や、病院に行くことに抵抗がある人がいらっしゃいます。自己検診(セルフチェック)という方法があります。まずは、自分でチェックしてみてはいかがでしょうか?

〇自己検診(セルフチェック)

月に1回の 入浴前後の自己チェック

自己診断は、生理が終わった後4~5日が適当です。
閉経後の人は、毎月、日を決めて行ってください。

★普段と違うときづいたときは 直ぐに 乳腺専門医(乳腺外科)を
受診してくださいね。すべの方が 乳がん患者さんではありませんが
安心のためにも 専門医に 行かれることを お奨めします。

自己診断を続けることで、ふだんとは違う乳房の変化に気づくことができます。月に1回、自己チェックを行う習慣を身につけてください。

【1】 鏡の前で乳房の形をチェック

1.鏡の前に立ち、両腕の力をぬいて自然に下げたままで
a.左右の乳房の形や大きさに変化がないか。
b.乳首のどこかに皮膚のへこみやひきつれはないか。
c.乳首がへこんだり、ただれができていないか。

2.両腕を上げた状態で、a.b.c. と同じことを調べます。
(しこりがあるとそこにへこみができたり、ひきつれができたりすることがあります。)

【2】 風呂に入ったとき

鎖骨からアンダーバストとわきの下のチェック
指先第1関節ハラを つかって しこり(硬いもの)がないか?

【3】 あおむけになってしこりをチェック

同じ姿勢のまま左腕を自然な位置に下げ、今度は乳房の外側の部分を外から内に向かって、柔らかく、しっかりと指を滑らせて調べます。
→右乳房も同様の方法で調べます。

〇検索情報
国立がん研究センター がん情報サービス http://ganjoho.jp/
がん研究会 http://www.jfcr.or.jp/